投資の考え

そもそも株とは何か。株式投資の基本中の基本を解説

そもそも株とは何か。株式投資の基本中の基本を解説

こんにちは、ゼファー(@re_zephyrr)です。

 

あなたは株式投資をしていますか?

株式投資の基本とメリットを解説しているこの記事を見ているということは、おそらく株式投資をしていない or 始めたばかりの方なのかなと思っています。

結論からお伝えすると、
皆さん全員が株式投資をするべきであると僕は思っています!

  • 銀行に貯金していても「利子はほぼ無いに等しい」
  • 株式投資をすることで「お金が増える」
  • 自分が働いていて得た「お金が働いてくれる」

これらのことから僕は株式投資をお勧めしています。

 

今回は株式投資の基本中の基本を解説していきます。

そもそも企業が株を発行する理由

そもそも企業が株を発行する理由

企業が株を発行する理由は、お金を集めるため。

そもそも会社を起業したり事業を拡大するにはお金が必要です。

これを自己資金で用意することは非常に難しいことです。

自分でお金がないなら、別の方法で資金を集めなくてはいけません。
方法としては

  • 銀行から「借入」をする。
  • 株を発行することで「出資」をしてもらう。

この二つの方法があります。

最近では少額の金額ならクラウドファンディングで集めることも可能ですが、~千万円~億円などの大金を集めるためには、やはり銀行からの「借入」か、株式を発行して「出資」をしてもらうことで資金調達をすることになります。

「借入」と「出資」の違い

「借入」と「出資」の違い
  • 銀行からの「借入」は返済義務があるけれど
  • 株式を発行して「出資」してもらう際には返済義務はない

この二つが大きな違いです。

銀行からの「借入」はお金を借りたから返すという、わかりやすい話です。

それに対して「出資」は会社に資金を提供して、その提供した金額に応じて会社の権利の一部を所有することです。

つまり、会社は出資してもらう代わりに「株を出資者に発行」し、出資者は会社の権利の一部を所有することになります。この権利証明のことを「株」といいます。

つまり、株式会社は社長や創業者の物ではなく、出資者みんなの物であるということです。

みんなの物だから、利益も不利益も共有する。

  • 会社に利益が生まれれば配当金としてお金が貰える
  • 会社の業績が悪かったら潰れて、出資したお金が戻ってこないこともある

ということになります。

1株でも株式を持てば、あなたも会社の一部所有者!

株式を持つことで、出資先の企業のことを自分事のように考えれるようになったり、経済のニュースに敏感になったりと、お金だけではないメリットもあります!

株でよく聞く「上場」とは何か

株でよく聞く「上場」とは何か

株の売買を可能にすることを上場といいます。

株式は証券取引所という株などの有価証券を売買する場所があり、その証券取引所で株の売買を可能にすることを、上場といいます。

しかし全ての企業が上場できるのかと問われるとそうではありません。

  • 業績
  • 時価総額
  • 株主数

などの一定の基準を満たす企業しか上場ができないのです。

創業者側のデメリットと挙げるとすると、上場したことで、株式の51%以上を他社に所有され、買収されてしまうことはリスクです。

しかし創業者ではない私たちには。あまり関係のないお話です。笑

まとめ

そもそも株とは何か。株式投資の基本中の基本を解説

今回は株式投資の基本中の基本として、ノウハウ云々ではなく、

  • そもそも株って何?
  • 銀行からお金を借りるのと、株式発行による資金調達は何が違う?
  • 上場って何?

といった株式投資をするにあたって知っておくべき基本を解説しました。

この投資関連のカテゴリーでは、

  • 株の基本解説
  • 株式投資のやり方
  • 投資方針について
  • 僕の売買履歴

などを書いていきます。

一緒に少しずつ豊かになっていきましょう!

オススメの証券口座
SBIネオモバイル証券 口座開設

◆【SBI ネオモバイル証券
日本「個別高配当株」に、最小コストで少額分散投資をするのにオススメの証券口座。Tポイントユーザにも是非。

  1. 有名企業の株が1株500円から買える
  2. 取引手数料が実質月14円
  3. Tポイントで株が買える

 

◆【SBI 証券

  1. 手数料が業界最安水準
  2. 米国株式を定期買付できる(ETFも)
  3. 投資信託の積立金額に応じてTポイントがもらえる