潰瘍性大腸炎

【潰瘍性大腸炎】青汁の効果とオススメ青汁について徹底レビュー【最安値裏技も】

【潰瘍性大腸炎】症状を悪化させないためにも、青汁生活がオススメ【最安値で購入する裏技も解説】

 

潰瘍性大腸炎に青汁が効果的って話を聞くけど、実際どうなの?

こんな疑問にお答えします。

 

  1. 潰瘍性大腸炎に青汁がオススメな5つの理由
  2. 潰瘍性大腸炎の症状を抑えるのに青汁が効果的なわけ
  3. オススメの青汁の紹介
  4. 最安値で購入する裏技解説

 

ゼファー
ゼファー

こんにちは、ゼファーです!
≫Twitter
≫YouTube

僕は2014年(20歳の時)に潰瘍性大腸炎という国の指定難病にかかってしまいましたが、「健康・仕事・お金」を改善した結果、現在は薬を飲みつつも寛解を維持しています

この≫病気関連・潰瘍性大腸炎ブログはサイトの≫トップページからは辿り着けない秘密のページなので、≫Twitterやブックマーク登録などお願いします

 

僕もいつも飲んでいる青汁。

青汁は僕ら潰瘍性大腸炎患者だけでなく、健康志向の人にもとてもオススメです。

そして健康のためには青汁だけでなく、プロテインも飲むと一層良いです。

 

潰瘍性大腸炎患者の人に、青汁を飲む習慣を始めてもらいたいと考え、記事を書きました。

 

青汁に苦手意識のある人や、興味はあるけれど飲んだことがない人に対して、僕の実体験を元にお話していくので、少しでも参考になったら嬉しいです。

 

それでは行きましょう!

 

【大麦若葉青汁】公式サイト【大麦若葉青汁】公式サイト

 

潰瘍性大腸炎に青汁がオススメな5つの理由

 

潰瘍性大腸炎の僕が青汁を飲む理由は潰瘍性大腸炎の症状を抑えるため、そして健康的に生活するためです。

それらを支えるために、青汁で以下を摂取します。

  1. 「食物繊維」
  2. 「ミネラル・ビタミン」
  3. 「抗酸化作用」

これらを摂取するために、青汁を飲みます。

青汁は栄養価が高く、多くの人が求めていることから数多くの商品が出ていますが、今回紹介する青汁は↑これら全て満たしているので安心してくださいね。

 

詳しく見ていきましょう!

 

「食物繊維」を摂取するため【青汁】

 

食物繊維が豊富に摂取できるか?

これは非常に大切なことです。

 

潰瘍性大腸炎の僕たちが青汁で得たい効果は「腸内環境の改善」です。

僕たち潰瘍性大腸炎患者の「自己免疫疾患」の原因は腸内環境が大きく作用していると最近の研究で発見されています。

※自己免疫疾患とは、本来はウィルスなどから体を守るための免疫が、自分の細胞を攻撃してしまうことです。

  1. 免疫疾患の症状を抑えたい
  2. 「Tレグ細胞」という免疫疾患を抑える腸内の細胞がある
  3. 「Tレグ細胞」を増やすには腸内細菌である「クロストリジウム菌」が必要
  4. 「クロストリジウム菌」を増やすためには、餌である「食物繊維」が必要!

つまり、免疫疾患を抑えたいなら、食物繊維を摂ることが大切!ということです。

 

「食物繊維」を摂取することは、「クロストリジウム菌」を増やし、免疫疾患の症状を抑えるための「Tレグ細胞」を増やすことに繋がります。

だからこそ、食物繊維を摂取することはとても大切なのです。

 

青汁だけでなく、キノコや玄米、根菜類などの様々な食品からも食物繊維を摂れるように心がけましょうね(^^)

 

食物繊維は大腸癌予防にも効果あり!

 

食物繊維を摂ることで快便になり、お腹が張らないとか、スッキリするとか言った表面的な効果もありますが、最も大事なことは「大腸癌」の予防の為なのです!

 

  • 腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」がある
  • 「食物繊維」は「善玉菌」を増やす
  • 「悪玉菌」が増えると有毒物質も増え、大腸癌やポリープができやすくなる
  • 「善玉菌」は悪玉菌の作る有毒物質を無害化する働きがある(大腸癌の予防になる)

 

  1. 生まれて間もない乳児は「善玉菌」が腸内の95%を占めいる
  2. しかし加齢とともに「善玉菌」は減っていき、成人期には15〜20%、老年期には数%にまで減っていく
  3. 「善玉菌」が減ったことで「悪玉菌」が増え、大腸癌の発生確率が高くなってしまう…!!

 

大腸癌予防のため!

そして潰瘍性大腸炎の免疫疾患を抑えるためにも、食物繊維を摂りましょう!

 

「ビタミン・ミネラル」を摂取するため【青汁】

 

僕も飲んでいる「大正製薬:大麦若葉青汁」の名前にもなっている「大麦若葉」は、「皮膚や粘膜」を維持するのに必要な栄養素である「ビタミンB群」が含まれていて僕ら潰瘍性大腸炎患者には特に摂りたい栄養素です。

 

潰瘍性大腸炎、クローン病など炎症性腸疾患では、活動期(再発期)では充分に食事を摂取できないことや、体内への吸収が炎症によって阻害されることなどにより、ビタミン、ミネラルが不足気味になります。

 

寛解期(症状が落ち着いている)であっても、日々の食事の偏りや、過度な食事制限によって、ビタミン、ミネラルが不足することもあります。

だからこそ、症状が安定していても、悪化していてもしっかりとビタミン・ミネラルを摂取することができるように、日々の生活の中に青汁を取り入れることが良いです。

 

また潰瘍性大腸炎患者は下血することもあり、鉄分不足になりやすい。そんな時に青汁で鉄分も補うことができます。

 

「抗酸化作用」を摂取するため【青汁】

 

潰瘍性大腸炎は「自己免疫疾患」でありますが、もう少し詳しく話すと、「活性酸素」が腸壁を傷つけ破壊しているとされています。

「活性酸素」は外部から侵入してきたウィルスと戦ってくれる免疫の役割です。

しかしこの「活性酸素」が増えすぎてしまうと、自分の常在菌や腸壁などの組織を破壊し始めるのです。

「活性酸素」は必要なものではありますが、増えすぎると僕たちの体に害が発生するため「活性酸素」を除去してくれる成分が「抗酸化作用」です。

僕たち潰瘍性大腸炎患者がよく使う薬として「ペンタサ」がありますが、これも「活性酸素」を除去することが目的で投薬されています。

 

さきほどの「ビタミン・ミネラル」の箇所でもお話した、「大麦若葉」は「抗酸化作用」も摂ることができるので絶対に摂りたい成分の一つです。

 

活性酸素が発生してしまう原因

 

先程の「抗酸化作用」は「活性酸素」除去する目的で摂取したいものですが、そのそも「活性酸素」が発生する原因は、

  • ストレス
  • 紫外線や放射線
  • タバコ(受動喫煙含む)
  • 過度の飲酒
  • 酸化された食べもの(マーガリンなどのトランス脂肪酸、ファストフード、加工食品、時間のたった揚げ物、インスタント食品やスナック菓子など)

 

なのでこれらの原因をなるべく取り除くようにしましょう。

個人的にはストレスが一番の敵だと思っていて、ストレスを無くすことが潰瘍性大腸炎だけでなく、あらゆる病気や人生を豊かにするために大事だと思っています。

 

ストレス!ダメ!絶対!

 

おすすめ青汁【この2択!】

オススメの青汁【この2択!】

 

青汁は朝食時に1杯飲みましょう!(水で溶かす)

 

青汁に関してはこの2択のどちらかで確定です。

  • 抹茶や緑茶などが多少は飲める人=「大麦若葉青汁」
  • ↑が苦手な人=「ドクターベジフル」
    (きなこや黒糖による自然な甘み)

成分や健康面だけで考えたら
「大麦若葉青汁」一択です!

とはいえ青汁は継続することに意味があるので、抹茶や緑茶が超苦手で全く飲めない人には継続するためにまずは、きなこや黒糖による自然な甘みがある「ドクターベジフル」から始めると良いでしょう(^^)

 

またその他、僕が使っているプロテインやサプリメントなどについてもお話していきます。

 

オススメ「青汁」①:大正製薬 大麦若葉青汁

大麦若葉青汁【大麦若葉青汁】公式サイト

 

潰瘍性大腸炎を抱える僕が一番オススメするのは、大正製薬から出ている「大麦若葉青汁」です。

  1. 食物繊維が1袋「5.9g」と非常に多い
  2. 潰瘍性大腸炎の症状を抑える効果のある「大麦若葉」を使用
  3. 抹茶配合によって飲みやすく作られている
    (苦くな無く、緑茶のような風味)
  4. 980円(税抜)から始めることができるので超コスパが良い!

 

悪い点は特に無し。

強いて言えば抹茶や緑茶風味が大嫌いな人には後述する「ドクターベジフル」のほうがオススメ。

総合的に考えると、青汁を選ぶならこの「大麦若葉青汁」一択で良いです。

抹茶配合によって飲みやすくなっているのですが、そのおかげで緑茶のような風味になっています。

なので緑茶が大嫌いな人には後述する「ドクターベジフル」のほうが良いかも知れません。

 

とはいえ基本的には、この大正製薬「大麦若葉青汁」をオススメします!
(緑茶の味が大嫌いな人以外)

青汁メーカーは数多くありますが、その中でも「大麦若葉青汁」は大正製薬という「製薬会社」によって長年に渡って研究開発を行っており、企業としての信頼感も抜群です!

 

腸内環境を整えたり免疫力を高めるためにも、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用を充分に取れる大正製薬「大麦若葉青汁」が良いです。

そして何より、「食物繊維」が1袋(1食)で5,9gと非常に多く摂取することができます。

  • 成人男性:20g以上
  • 成人女性:18g以上

食物繊維は一日あたり↑これほど摂ることが望ましいのですが、「大麦若葉青汁」はたった1袋で約30%も摂取できています!

通常の食事からも食物繊維は摂取しているので、一日に一杯「大麦若葉青汁」を飲むことで必要な食物繊維量を摂取できるでしょう!

もちろんもっと飲みたければ一日に、二回三回と飲んでも大丈夫です(^^)

 

またこの「大麦若葉青汁」は30袋(1ヶ月分)で、980円から始めることができるので青汁を初めて飲む人にも気楽にできます(^^)

 

金額の安さ、栄養成分の量など総合的に考えて、
「大麦若葉青汁」が一番オススメです!

 

 

 

オススメ青汁②:ドクターベジフル青汁

【ドクターベジフル青汁】【ドクターベジフル】公式サイト

 

  1. 野菜嫌いの人でも飲みやすい(きなこや黒糖による自然な甘み)
  2. 青汁1杯に21種類の野菜のビタミン・ミネラルが含まれている
  3. 潰瘍性大腸炎の症状を抑える効果のある「大麦若葉」を使用
  4. 飲みやすいから継続もしやすい!

 

食物繊維がとても少ない(1袋「1.0g程度」)

「大麦若葉青汁」の約1/6しか食物繊維を摂れない

 

抹茶や緑茶の風味が大嫌いな人にオススメしたいのが「ドクターベジフル」です

本当は先程の「大麦若葉青汁」が一番良いのですが、やはり抹茶や緑茶風味が大嫌いな人もいると思うので、その場合には「ドクターベジフル」でまずは慣れていきましょう!

きなこや黒糖による自然な甘みで飲みやすく、継続しやすいです。

 

とはいえ、できれば「大麦若葉青汁」のほうが食物繊維の摂取量からいってもオススメです。

食物繊維量/1袋に対して

  • 「大麦若葉青汁」5,9g
  • 「ドクターベジフル」1,0g程度(詳細記載なし)

と食物繊維量が「ドクターベジフル」は「大麦若葉青汁」に大きく負けています。これは見過ごせないマイナス点です。

とはいえ、100%国産であることや、21種類の野菜を配合してビタミン・ミネラルがバランス良く摂取できるので、僕たち潰瘍性大腸炎患者にとっても、健康志向の人にもオススメの青汁であることには代わりありません!

 

「ドクターベジフル」は食物繊維はやや少ないですが、

  • 飲みやすい味による継続のしやすさ
  • 21種類の野菜配合で野菜不足を補う
  • 潰瘍性大腸炎の炎症を抑えるための「大麦若葉」が含まれている

これらの点から、「ドクターベジフル」もオススメ青汁です!

特に継続がいちばん大切なので、抹茶や緑茶風味が苦手な人には「ドクターベジフル」は最適な青汁!

 

 

 

オススメ「プロテイン」

 

言わずと知れた有名プロテインのSAVAS(ザバス)

味はたくさんありますが、僕はヨーグルト味が飲みやすかったです。

これは牛乳や100%オレンジジュース、豆乳などと合わせると飲みやすくてオススメ。

ザバスのプロテインは大豆風味が若干強めなので、大豆が苦手な人は、↓の「ビーレジェンドのパイン味」の方が良いです。

 

 

ビーレジェンドも安いし、飲みやすいしでとてもオススメのプロテインです。

僕は特にパイナップル味が好きで、牛乳や100%オレンジジュースとも相性が良いです。

大豆風味が殆どないので、大豆や豆乳が嫌いな人にはこっちがオススメ!

 

 

プロテインはタンパク質を摂ることを目的とした補助食品ですが、タンパク質は一日に「成人男性:60g」、「成人女性:50g」は最低でも摂る必要があります。

そんなタンパク質は「肉・卵・魚・乳製品・大豆製品」など多くの食材から摂ることができますが、例えば重さに対してタンパク質を含む量がとても多い牛ステーキに換算すると、ステーキ200gでタンパク質45gです。

 

どうでしょうか。けっこう厳しいですよね。

毎日ステーキを食べるわけでは当然無いですし、実際に日本人の多くは一日に必要なタンパク質の量を摂取できていないとされています。

 

だからこそプロテインで栄養の補助をしてあげましょう!

ちなみにプロテインは筋トレする人が摂るイメージがあるかも知れませんが、普通の人の健康栄養補助のためにも使われます。

僕も筋トレはしませんが、プロテインは健康や栄養のために摂るようにしています。

一日に一杯で充分なので、朝ごはんの代わりや、朝ごはんと一緒にプロテインを飲むようにすると習慣化できて良いです(^^)

 

 

その他、僕が飲んでいるサプリメント等

 

一日一粒、120粒入りでなんと4ヶ月も持ちます。

楽に足りない栄養を補助をしてくれるので、めんどくさがりの僕でもずっと続けられています。

しかもそれが2,000前後で買うことができるので、僕が学生時代からずっと重宝しています。

健康や栄養に関することは、

  1. 青汁
  2. プロテイン
  3. このマルチビタミン剤

でもう完成しました。これで充分です。

 

 

大正製薬「大麦若葉青汁」最安値で購入する裏技

大麦若葉青汁【大麦若葉青汁】公式サイト

 

先程のお話しましたが、潰瘍性大腸炎や健康志向の人に最もオススメなのが、大正製薬の「大麦若葉青汁」です。

そんな「大麦若葉青汁」を最安値で購入する方法もお話します。

 

定価約4,000円ですが、最安値購入する裏技は

  1. 「最初」は公式サイトから購入する(980円)
  2. 「2回目」からはAmazonで購入する(2,000円前後)

 

公式サイトと、Amazonを組み合わせることで最も安く購入し続けることができます(^^)

※楽天市場・Yahooショッピングよりも、Amazonでの購入が安いです

公式サイトでは初回限定価格として、1ヶ月分を980円で購入することができます。

これは初回限定のため、2回目以降はAmazonで購入しましょう。Amazonでは2,000円前後で購入することができます。

このように公式サイトと、Amazonを組み合わせることで、最安値で買い続けることができます。

 

また、公式サイトの初回限定価格を家族などに協力してもらって、複数回利用しても良いですね!
(例:5人家族なら最大5回、980円の初回限定価格で買える)

 

大麦若葉青汁【大麦若葉青汁】公式サイト

 

潰瘍性大腸炎を抑えたり、健康を維持するためには多少のお金は必要経費ですが、それでもお得に買えたらそれが一番ですよね!(^^)

 

まとめ:継続できるかが一番大切

【潰瘍性大腸炎】症状を悪化させないためにも、青汁生活がオススメ【最安値で購入する裏技も解説】

 

青汁、プロテイン、マルチビタミンサプリなどお話してきましたが、大事なことは継続することです。

一回飲むだけで治るような魔法の薬は残念ながら存在しません。

 

潰瘍性大腸炎はストレスを軽減し、バランスよく食事や栄養を摂り、免疫・腸内環境を整えることで、潰瘍性大腸炎を克服し、症状を落ち着かせることも不可能ではありません。

自分にできることから少しずつ始めていきましょう!

  1. 青汁を飲む(水・豆乳で溶かす)
  2. プロテインを飲む(水・豆乳・牛乳・100%荷果汁ジュースで溶かす)
  3. 余裕が出てきたらマルチビタミンなどサプリも取り入れる

一日一回ずつでOKです!全部まとめて朝ごはん代わりや、朝ごはんと一緒に食べることのが忘れにくいのでオススメです(^^)

 

それではまた!

 

大麦若葉青汁【大麦若葉青汁】公式サイト
【ドクターベジフル青汁】【ドクターベジフル】公式サイト

【病気を抱える僕たちへ】
 まず読んでほしい厳選記事

 

病気を抱える僕たちにオススメの仕事とは?【転職活動方法も解説】
病気を抱える僕たちにオススメの仕事は?【就職活動の方法も解説】病気を抱える僕たちにとってオススメの職種と就職方法について話しています。病気を抱える僕たちは病気の悪化などにより健常者よりも退職を意識せざる負えないときが出てきます。そんな時に大事なことは、もし会社を辞めても次の仕事にすぐに転職できる業界、職種に就くことが大切です。今回はそんなお話。潰瘍性大腸炎という難病を抱えています。...
【保存版】難病患者や病気を抱えている人こそ、会社を辞めることを前提に考え行動するべき
難病患者や病気を抱えている人こそ、会社を辞めることを前提に考え行動するべき 今回は真の安定とは何かというテーマで話していきます そもそも会社を辞める原因について 病気が...
【悪用厳禁!】病気・鬱病の人向け/失業保険(雇用保険)を2年4ヶ月以上もらう方法
【悪用厳禁!】失業保険を2年4ヶ月以上もらう方法【鬱病・病気の人向け】失業保険を2年4ヶ月以上貰う方法についてお話していきます。この方法は病気や鬱病、怪我で働けない人のための制度です。くれぐれも悪用しないようにお願いします。この方法で2年4ヶ月以上の失業保険を受け取り、その間に病気の治療に専念してくだい。僕は潰瘍性大腸炎という難病患者です。...
【退職代行Jobs】業界最安値!今すぐトラブル無く退職!料金や利用時の注意点について解説 会社を辞めるときはどうしても言いにくかったりしますよね。 円満に辞められれば一番いいけれど、そ...
【潰瘍性大腸炎】症状を悪化させないためにも、青汁生活がオススメ【最安値で購入する裏技も解説】
【潰瘍性大腸炎】青汁の効果とオススメ青汁について徹底レビュー【最安値裏技も】潰瘍性大腸炎の症状を抑え、治すために青汁を飲んでいる理由についてお話していきます。①潰瘍性大腸炎に青汁がオススメな5つの理由/②潰瘍性大腸炎の症状を抑えるのに青汁が効果的なわけ/③オススメの青汁の紹介/④継続のしやすさが一番大切...
980円で1ヶ月分試してみる【大麦若葉青汁】
980円で1ヶ月分試してみる【大麦若葉青汁】