お金

タクシーは使わない。1時間歩くだけで時給1200円のアルバイトがあったらやりますか?

タクシーは使わない。1時間歩くだけで時給1200円のアルバイトがあったらやりますか?

こんにちは、ゼファー(@re_zephyrr)です。

皆さんは仕事や学校が終わった時に疲れている時にタクシーを使いますか?

または、遊んでいて終電を逃し、電車で1~2駅(徒歩だと90分くらい)の距離だとタクシーを使用しますか?

僕は基本的にタクシーは一切使わないです。

強いて言えば僕がタクシーを使うときは、旅行から帰ってきた時に稀に使うときがあります。

それでも毎回ではなく、数回に一度だけしかタクシーは使わないです。

今回はなぜ僕がタクシーを使わないのかを話して行きます。

ミニマリストの僕がタクシーを使わない理由

冒頭でもお伝えしましたが、ミニマリストの僕はタクシーを基本的に一切使わないです。

仕事で疲れている時ももちろんあります。

しかし、仕事で疲れているからとタクシーに乗り、余計なお金を使うことは、本末転倒だと思っています。

お金を稼ぎに行っているのにその経費にお金を使っていたら意味が無いからです。

タクシー代を払うためにはいくら費用がかかり、その費用分を稼ぐためには何時間働く必要があるのかを考えましょう。

たとえば今から+2時間働いてでもそのサービスを受けたいのかを自分自身でよく考えましょう。

よく考えた結果、自分が良いと判断したのなら、それは問題なしです。

タクシーを乗るも良し、会社の飲み会に行くも良し。

どんな内容だろうと問題ないです。
自分で考え、判断した結果なら。

終電後でも1~2駅ならタクシーを使わないで歩く


僕は学生時代は友人と遊んでいた時に、終電を逃すこともありました。

都内で遊んでいると地元に戻るのに時間がかかり、つい終電を逃してしまうこともありました。

そんな時でも僕はタクシーには乗らずに歩いて帰ります。

60分~120分の歩き時間までなら歩いて帰ります。

皆さんは歩いているだけで時給1200円のバイトがあったらどう思いますか?

条件は歩いていいるだけです。
友人や恋人と電話をしても良いし、YouTubeなどの動画を見ながらでも構いません。

何をしてても良いのです。

かなり魅力的ではないですか?

歩いているだけです。
終電を逃す頻度も多くの人は多くないと思いますし、歩くことにより疲れたことで、今後は終電を逃さないように気を付けるようになるかもしれません。

徒歩60分の距離をタクシー使うとだいたい1200くらい費用がかかります。

そのサービスを受けるためには費用はいくらで、その費用は自分が何時間働くことで得れるのか。

これをよく考えて過ごすことで、無駄な費用が発生しにくくなります。

夜行バス、LCCでも同じ思考が使える

今までお伝えしてきたことは夜行バスや、飛行機のLCCでも同じことが言えます。

少し狭い場所に数時間座っているだけで、夜行バスなら数千円。
飛行機なら数万円安く済ませることができます。

ただ少し狭い場所に座っているだけで数千円~数万円を安く済ませることができる。

安く済ませることができるということは、その金額を得ることと等しいです。

タクシーは時間を買っているとの考えもありますが

「タクシーは時間を買っているので、無駄ではない」

という意見も聞くこともあります。

確かにタクシーに乗っている時に仕事や情報収集ができるというのは事実です。

しかし、それは歩いていても同じこと。

歩いていても好きに時間を使うことは可能です。

大事なことは、なんとなくでサービスを受けたり、購入することなく
自分で考え、決めることです。

ほんとに疲れていて、明日も仕事が早い。
そんな時は、迷わずタクシーを使いましょう。

寝不足になる方が体調に良くないですから。

【2020年】ハピタスで10万ポイントを貯める方法、特徴、稼ぎ方、総まとめ【実録記】
【2020年】ハピタスで10万ポイントを貯める方法、特徴、稼ぎ方、総まとめ【実録記】【2020年】ハピタスの使い方を完全攻略。楽天市場利用などでハピタスを生活に取り入れるとポイントがザクザク貯まります。僕が実際に10万円分稼いだ方法はこちら。...
関連記事はこちら