お金・節約・貯金

デイトレードなど短期売買をやらない理由【配当金・株主優待メインの長期投資を勧める】

【株式投資】デイトレードをやらない理由【配当金・株主優待メインの長期投資を勧める】

こんにちは、ヒロキー(@kaikai_rs)です。

 

僕は株式投資をしていますが、デイトレードのような短期売買はしていません。

そして、デイトレードや短期投資はオススメもしていません。

結論から伝えると、短期売買は肉体的にも精神的にも疲れるからです。

 

僕は「配当金・株主優待」を目的とした長期投資をしています。

 

お金があっても時間が無くては何の意味もないし、そのお金を稼ぐために過度のストレスが発生するなら、もっと意味がないです。

自分の時間を最大化するためには、どの様にしたら良いのかを考えて投資方法を選びましょう。

自分の時間を最大化させる手段として「配当金・株主優待」を目的とした長期投資をオススメしています。

 

今回はそんなお話。

株やFXでデイトレードのような短期売買はしない

株やFXでデイトレードのような短期売買はしない

短期投資ということは、その名の通り短期間で売買をするということです。

その企業や業界の成長性による値動き。ではなく!

ただ単に、上がったから売る。下がったら買う。

というお金を動かして稼いでいるに過ぎません。

 

つまりチャートを気にし、画面を見続ける必要があります。

もちろん短期間でがっつりと稼いで、後を自由に過ごすことも否定はしませんが、

それには信用取引でレバレッジを賭ける必要があります。

  • 信用取引とは、自分が持っている金額の数倍の金額で取引ができること。
  • 大きな利益を生む可能性があるが、大きな損失が発生することもある。
  • 特に損失の場合は今持っているお金を失うだけでなく、借金をしてしまうことも…。

僕は信用取引もオススメしていません。

大博打を狙うのではなくて時間をかけ、複利の力で豊かになっていくことが確実であり、最も再現性が高いと思っているからです。

短期投資は肉体的、精神的に疲れる

企業や業界の成長による値動きではない以上、短期売買はチャート画面や株価の値動きを気にし続ける必要があります。

一つのことに一喜一憂するようになります。

 

…そんなの疲れませんか!?

しかも一度取引で大きく勝っても、基本的に再現性は低くいです。

次も勝てるかは分かりません。

 

そんな環境で勝負し続けることは、非常に肉体的にも精神的にも疲れると思います。

 

短期売買により設けても、次も勝つかは分からないし、全てを失うかもしれません。

そんの状態ではお金があっても気持ちが休まらなく、豊とは言えないのではないでしょうか。

あなたが欲しいのはお金?自由な時間?

あなたが欲しいのはお金?自由な時間?

この質問にあなたは何と回答しますか?

僕は即答で「自由な時間」と答えます。

 

もちろん、お金もほしいですが、お金を得た先に何をしたいか。

そして時間を得た先に何をしたいかを明確にしましょう。

 

僕の場合は

  • 長期間の旅をして日本や世界を周る
  • 好きなゲームをして配信活動をする
  • 掃除をゆっくり丁寧にする
  • 時間を気にすることなく景色を眺めたり、紅茶を飲む

などが僕のしたいことです。

つまらないと思いましたか?笑

けれど、これが僕のやりたいことなので、つまらないと思われてもどうしようもありません(笑)

 

これらのことは自由な時間と、ほんの少しのお金があれば達成することが可能です。

だからこそ僕は、時間とお金を得るために長期投資をオススメしています。

 

あなたは何がしたいか、考えてみてください。

そしてそのことが、多くの時間が必要な事であれば、自分が動かなくてもお金が入ってくる仕組みを作りましょう。

自分が動かなくてもお金を生むことは、時間が増えることと同義です。

 

お金を得るために時間を売って働く→お金があれば時間を売って働かない

 

その一つの手段として長期投資があります。

長期投資で時間をかけて、お金と時間を得ていきましょう。

そして「お金持ちではなく」、「時間持ち」になることを最終目的にしましょう。

期投資で「時間持ち」を目指す

長期投資で「時間持ち」を目指す

お金持ちではなく、時間持ちを目指しましょう!

僕は「配当金・株主優待」を目的とした長期投資をしています。

 

長期投資の良い点として、時間や意識を奪われないということがあります。

デイトレードのような短期売買はチャート画面を気にして、PCに張り付いているようにして取引をしていますが、長期投資はそんなことはしません。

もちろん定期的に値動きは確認しますが、一喜一憂することはありません。

基本は売らずに、ずっとホールドです。

長期投資は配当金や株主優待目的だから、株価変動に一喜一憂することがなくなる

 

株価が下がったら、逆に買い増すチャンスが来たと喜びましょう。

「一喜」一憂してるじゃんというツッコミは無しでお願いします(笑)

 

キャピタルゲイン(売買金額の差額)ではなく、インカムゲイン(配当金や株主優待)での利益を目的にすることで、株価変動による恐れや、ストレスが軽減されます。

 

大事なことは配当金や株主優待が維持されるのか。この一点です。

配当金は増えなくても、現状維持なら問題なしです。

…もちろん配当金も増えた方が嬉しいですけどね(笑)

長期投資は銘柄選びが肝心

長期投資は短期間で売買するものではないため、長期間保有し続ける株です。

そのため、銘柄選びには慎重になりましょう。

 

  • 業界として今後はどうなりそうか
  • 配当金は毎年増配しているのか
  • 株主優待の改悪はありそうか

 

などよく考えましょう。

長期間保有する株ですから、長く考えることは全く問題ないです。

そして決断したら、長期間保有し続けましょう。

市場の株価の上下に一喜一憂することは避けましょう。

いっそのこと、株の値動きを見ないのも手ですね!

まとめ:短期売買やデイトレードをやらないわけ

まとめ:短期売買やデイトレードをやらないわけ

繰り返しになりますが、時間を取られストレスが発生することが、短期売買をやらない一番の理由です。

お金があっても時間が無くては何の意味もないし、そのお金を稼ぐために過度のストレスが発生するなら、もっと意味がないです。

 

自分の時間を最大化するためには、どの様にしたら良いのかを考えて投資方法を選びましょう。

僕は「配当金・株主優待」を目的とした長期投資をオススメしています。

 

それでは、また!

関連記事はこちら