ミニマリスト

ミニマリストでもカードやゲームがしたい

ミニマリストでもカードやゲームがしたい

こんにちは、ヒロキー(@rehiroky)です。

みなさんも子供時代に、「あること」をしていたのではないでしょうか?

そのあることとは、カードやゲームです!

遊戯王・スマブラ・ポケモン・モンハン・ドラクエ

などなど、やってきたと思います。

にもかかわらず、時間の経過とともにそれらを辞めてしまう。

僕はそれが悲しくて仕方ないです。

20代でもカードやゲームを「やりたい」と思っている僕が熱く語ります!!

ミニマリストだってカードやゲームがしたい!

まずはじめに、僕はミニマリストです。

ミニマリストと言うと、余計なモノは持たず、
このような部屋や生活を想像する人も多いと思います。

しかし、それは半分正解で、半分外れです。

ミニマリストとは「自分が快適に過ごすため、大事なことに集中するためにその他のモノや事を捨てる人のこと」です。

なので、モノの多さとミニマリストであるかや、ゲームを持っていたらミニマリストではない、などのことでは無いのです。

ミニマリストであることと、ゲームなどの娯楽用品を持っていることは両立するのです。

オモチャやゲームを昔はみんなしていた

幼い頃はみんなゲームにかかわらず、人形や、カードゲーム、プラモデル、ラジコンなどの玩具で夢中になって遊んでいたはずです!

いつからですか?
人形遊びをしている友達を馬鹿にするようになったのは。

いつからですか?
カードゲームをしている友人を馬鹿にするようになったのは。

いつからですか?
ホントは自分もまだ、オモチャやゲームで遊びたいのに、それを隠すようになったのは!

ホントはまだゲームを遊びたい、たまにはカードで遊びたい

そう思う人も少なからずいると思います。

けれど、「もう高校生だし」とか「社会人になってゲームはダサいよな」

といった世間の意見でありそうなことが頭にチラツキ、できないのでは無いでしょうか。

僕は高校のころにカードゲームを小学校ぶりに突然、異常にしたくなり、やっていました。

僕はテニス部だったのですが、クラスに野球部の友人がいて、その友人を誘ったら熱中し、野球部全体に遊戯王のブームが広がりました。

僕がいたテニス部にはその熱は広がらなかったのですが、部活後に野球部の部室で一年間くらい遊戯王をしていました。

何が言いたかったかというと、
「声を出すこと」が最初の一歩ということです。

ゲームや遊びは一人でやっても面白くないですし、楽しさ半減です。

友人と一緒にして、同じ時間を共有するからこその楽しさがあります。

だからこそ、自分がしたいこと、願いは声に出しましょう!

そうすることが、願いが叶う第一歩なのですから。

ミニマリストがポケモンなどのゲームをやろうと思ったわけ

僕は大学生のころに「ライバロリ」や「もこう」というポケモンのゲーム実況動画を見始めてから、小学校ぶりにポケモンをしたくなりました。

友人を誘ったらポケモンのゲームは乗ってくれ、半年くらいガチ対戦をして、ポケモン戦闘マシーンと化してました。

しかし、半年も経つと飽きますよね。

そんな時に、ライバロリさんも飽きたのか、ポケモンカードゲームをやりだしていました。

僕は動画を見ていただけですが、見続けていると、ルールも完璧に把握でき、現在の環境にも詳しくなってしまいました。

そして、「僕だったら、こんなデッキ構築にするのにな」と思うようになり、気がついたらカードを購入していました。
スリーブもピカチュウ絵柄、スリーブonスリーブで二重スリーブでガチです。

一緒にやる人いないのに…。
友人はカードの方は乗り気ではなく、やってくれません…。

だからこそ言いたい!
みんなポケモンしようぜ!