僕の新卒大手企業 退職日記

【退職日記:59日目】父に1年間だけ扶養家族に戻してくれるように頼んだが断られた話(退職まで残り7日)

退職日記:第1回目の記事はこちら https://rekaikai.com/leave-blog1/ 前回の記事はこちら どうも、ヒロキー(@rehiroky)です。 本日は2019年12月25日。 僕は2019年12月31日で会社を退職します。

 

退職後は

などを駆使して、個人事業主として働いていきます。

個人事業主にプラスして、再度会社に入ることで、会社で最低限の生活費を稼ぎつつ、社会保険料の負担を会社にさせようとも考えています。

残業や休日出勤のない会社に入り、働き方を選ぶことで、余剰時間を使って個人でも稼ぐことができますしね!

そんな僕が退職当日を迎えるまでの気持ちや考えを備忘録としてブログに残していこうと思い、退職日記をスタートさせました。

  • 僕と同じようにもう退職することが決まっている人
  • これから退職を考えている人
  • 仕事に悩んでいる人

に対して、等身大のメッセージを伝えられたらいいなと思っています。

 

2021年の一年間だけでも父の扶養に入れて欲しかったが、断られた

家賃を支払うことは全然良いのです。

けれど、2021年の一年間だけでも父の扶養に入れて欲しかったです。

 

僕は2020年12月に会社を退職します。

なので、2021年の収入は基本的には失業保険の給付金のみになるので、父の扶養に入ることができます。

 

なぜ僕が2021年の1年間だけでも父の扶養に入りたかったか、あなたは分かりますか?

 

そう、2021年に僕が支払う国民健康保険は2020年に働いた年収を基に計算されてしまうのです。

つまりどうなるなるか。

 

2020年の年収420万円の人の国民健康保険料を、

2021年は無職、収入は失業保険の年間100万円以下になった僕が支払わなくてはいけないのです。

おそらく国民健康保険だけで、2021年は年間60万円ほど支払うことになります。

 

これが扶養に入るとどうなるか。

国民健康保険料は一切支払う必要がなくなるのです。

しかも、扶養にいれた父の手取りが減るなどのデメリットは一切ないです。

扶養家族は何人いようが会社の健康保険料(組合健保)は変わらないのです。

 

これはサラリーマンの良い点ですよね。

家族がいる人、家族が多い人ほど、会社の健康保険はメリットになります。

  • 僕は2021年は健康保険料が高額になる(2020年の収入を基に計算されるから)
  • 2021年は扶養に「父が了承してくれたら入れた」
  • 僕を父の扶養に入れても、父にデメリットは一切ない。なんなら扶養家族が増えたことで手取り年収が増える可能性がある
  • デメリット無しなのに、扶養に入れてくれなかった

実家に居させてもらっている身なので文句は言えませんが、デメリット無しなのだから、2021年の1年間だけでも扶養に入れて欲しかったというのが本音です。

 

 

 

オススメの証券口座
SBIネオモバイル証券 口座開設

◆【SBI ネオモバイル証券
日本「個別高配当株」に、最小コストで少額分散投資をするのにオススメの証券口座。Tポイントユーザにも是非。

  1. 有名企業の株が1株500円から買える
  2. 取引手数料が実質月14円
  3. Tポイントで株が買える

 

◆【SBI 証券

  1. 手数料が業界最安水準
  2. 米国株式を定期買付できる(ETFも)
  3. 投資信託の積立金額に応じてTポイントがもらえる
関連記事はこちら