僕の退職日記

【退職日記】給料が高くてもストレスも多いなら全く意味がない。今すぐ辞めましょう(退職まで残り16日)

【退職日記】給料が高くてもストレスも多いなら全く意味がない。今すぐ辞めましょう(退職まで残り16日)

退職日記:第1回目の記事はこちら

【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)
【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)【退職日記】大企業を退職することを決意した僕が、退職当日までの気持ちや考えを備忘録として残していこうと思います。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。退職日記は退職当日まで毎日更新していきます。...

前回の記事はこちら

【退職日記】会社を辞める最終出勤日に同期に連絡をしてもほぼ無視された話(退職まで残り17日)
【退職日記】会社を辞める最終出勤日に同期に連絡をしてもほぼ無視された話(退職まで残り17日)会社を辞める日には支社とは別で、同期全体にLINEなどの連絡ツールを使って挨拶を兼ねて連絡をしますよね。悲しいことに僕も会社を辞める最終出勤日に同期全体に連絡をしたのですが、ほぼシカトでした。会社の同期は友人とはまた少し違うカテゴリーなので仕方ないと言えば仕方ないですが、少し寂しいですよね。...

 

こんにちは、ヒロキー(@rehiroky)です。

本日は2019年12月16日。

僕は2019年12月31日で会社を退職します。

 

退職後は

などを駆使して、個人事業主として働いていきます。

個人事業主にプラスして、再度会社に入ることで、会社で最低限の生活費を稼ぎつつ、社会保険料の負担を会社にさせようとも考えています。

残業や休日出勤のない会社に入り、働き方を選ぶことで、余剰時間を使って個人でも稼ぐことができますしね!

 

そんな僕が退職当日を迎えるまでの気持ちや考えを備忘録としてブログに残していこうと思い、退職日記をスタートさせました。

  • 僕と同じようにもう退職することが決まっている人
  • これから退職を考えている人
  • 仕事に悩んでいる人

に対して、等身大のメッセージを伝えられたらいいなと思っています。

 

もしも会社の給料が高くても、ストレスも多いなら意味がないです。

ストレス発散の為にお酒を飲んだり、不必要な物を爆買いしてしまったり、とお金を使うことでストレスを解消させようとしてしまいます。

そしてお金をたくさん使うからお金がなくて、会社を辞めることが出来ないという無限ループに入ってしまいます。

ストレスが多い会社は今すぐ辞めましょう!

ストレスが無かったり、少なかったらお金はそれほど必要ではありません。

 

今回はそんなお話しです。

給料が高くてもストレスが多い会社なら意味がない

給料が高くてもストレスが多い会社なら意味がない

あなたの会社は、ずばり給料は高いですか?安いですか?

もしも給料が高かったとしても、その分ストレスも多いのであれば、全く意味がないです

僕がいた会社も給料は割と高い方でした。

「新卒時」の月給は27.5万円(みなし残業30時間込み)で年収は420万円ほど。

会社四季報で載っている弊社の平均年収は750万ほどでした。

 

この金額を高いと思うか、低いと思うかは人それぞれですが、個人的には高いと思っています。

日本人全体の年収の「中央値」は360万円ですので、日本全体の年収の中央値を初任給から超しているので、弊社の給料水準は悪くはないかと思います。

※「平均値」と「中央値」の違いはこちらを参照。

そんな会社にも関わらず、辞めたんですけどね(笑)

【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)
【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)【退職日記】大企業を退職することを決意した僕が、退職当日までの気持ちや考えを備忘録として残していこうと思います。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。退職日記は退職当日まで毎日更新していきます。...

 

この様に弊社は決して給料が安いわけではなく、むしろ日本の水準と比べたら高い給料でしたが、僕は会社を辞めることにしました。

ストレスが多かったのです。

…この記事のタイトル通りですね(笑)

 

【退職日記】仕事でストレスが溜まるから、無駄な買い物でストレス解消をしてしまう(退職まで残り32日)
【退職日記】仕事でストレスが溜まるから、無駄な買い物でストレス解消をしてしまう(退職まで残り32日)【退職日記】仕事でストレスが溜まると無駄な買い物でストレス解消しようとしてしまいますよね。しかしそれではお金を稼いでストレスが溜まり、ストレス解消でお金を使い、またお金を稼いでストレスが溜まるという無間地獄から抜けることができません。この記事ではストレスが少ないことの大事さについて話していきます...
【退職日記】仕事のストレスで体重が60kg→78kgに激太りした話(退職まで残り61日)
【退職日記】仕事のストレスで体重が60kg→78kgに激太りした話(退職まで残り61日)【退職日記】仕事のストレスで体重が増えるって話はよく聞きますよね。僕は入社時60kgだったのが2年弱で78kgに激太りしました。仕事に疑問を持っている人や退職、転職を考えている人に是非読んでほしいです。...
【退職日記】営業職サラリーマンは休日でも電話などの緊急対応するのがキツイ(退職まで残り35日)
【退職日記】営業職サラリーマンは休日でも電話などの緊急対応するのがキツイ(退職まで残り35日)営業職サラリーマンは休日でも緊急対応するのがキツイです。求人票の募集要項には一切書かれていませんが、入社してから知る会社実態もあります。休日出勤や、休日の電話対応など話に聞いていないことが多々あります。この記事は現在、会社を転職、退職しようと考えているあなたに読んでほしいです。...

クレーム電話の窓口になるのが一番のストレスだった

クレーム電話の窓口になるのが一番のストレスだった

ストレスが多かったことによる悪影響は上の記事で一部お話ししていますが、一番キツかったのは、クレームの電話窓口になることでした。

退職日記シリーズで以前にもお話ししていますが、僕はマンションの設備関連の営業をしていました。

会社としては設備の営業、設備の維持管理、大規模修繕工事の営業などを行っており、一営業担当者がこれらの窓口になります。

もちろん工事実行部隊は別でいるのですが、一時対応窓口は、僕たち営業担当になるわけです。

 

一応コールセンターはあるのですが、台風などの時にはコールセンターもパンクします。

そうなると、

  • エレベーターが止まっている
  • 機械式駐車場が冠水しかけている
  • 天井から漏水が発生
  • 樹木が倒れてきてる
  • 停電から復旧しない

 

などの連絡が一担当者の僕たち営業担当に来るのです。

会社ケータイは持ち帰る様に指示があったので、当然目の前で会社携帯が鳴り響きます。

そう、マンションの理事会役員と言われる一部の人は、会社携帯ですが電話番号を交換しているのです。

そしてコールセンターがパンクしているため、営業担当に直接電話が鳴る…。

 

はっきり言って、こんなの一担当者が分かるわけないんですよね。

本来それぞれ別の業者として担当している設備のことを、全部まとめて一営業担当が電話窓口になるなんて無理な話です。

 

例えば東芝エレベーターに、天井からの漏水のことを相談しても「いやー。僕らの会社はエレベーターの会社なので分からないっす」と言われて当たり前です。

しかし、分譲マンションの管理会社の人間に対しては、なぜか↑の理屈が通用してくれないです。

お客様は管理会社は窓口なのだから、全てのことを把握していて当然。台風でも迅速に動いて当然という認識なのでしょう。きっと。

 

台風などではない普通の時なら、各業者に連絡を行い、補修の手配をして完了するのですが、台風などの非常時には業者もすぐには動けません。

また、そもそも僕らは設備の不具合の直し方や対応の仕方を知らないのです。

自分たちが答えることができない内容の電話いつ来るか分からないのが非常にストレスでした。(本来各設備ごとに対応する業者が違うのに、僕らが電話の窓口になるから)

ストレスが少なければ、お金は多く必要ではない

ストレスが少なければ、お金は多く必要ではない

ストレスが少なければ、お金はあまり必要ではなく、多く稼ぐこともありません。

 

学生時代は当然社会人と比べたら遥かに低ストレスで生きていましたが、僕は学生時代にほとんどお金を使っていませんでした。

飲み会なども飽きていいたので、お金を使うことはランチで少し良いご飯を食べるくらい。

そして長期休み期間で、車中泊などの貧乏旅行を友人とするくらいでした。

 

お金をあまり必要としていなかったので、アルバイトも最低限しか働かず、月平均に平すと5万円くらいです。

それでも大学を卒業するときには50万円以上お金が余っていたのだから、やはり学生時代はお金をあまり使っていませんでした。

欲しいものは吟味した上で買いますし、友達や恋人に誕生日プレゼントなども行います。

 

それにも関わらず、お金が余っていたのは、ストレスが非常に少なかったので余計なお金を使うことがなかったためです。

そして使うところに使っても、結果としてお金が余っていました。

ストレスや疲れがあると、小さな無駄遣いが増える

ストレスや疲れがあると、小さな無駄遣いが増える

ストレスや疲れが貯まると、小さな無駄遣いが増えてしまいます。

例えば、会社に出勤する日は、毎朝コンビニで

  • コーヒー
  • 菓子パン
  • お菓子

を買っていませんか?これらだけでもう500円ほどかかります。

そして夕方ごろに休憩する際に、コーラやお菓子を再度買うこともあるかもしれません。

 

1日に500円〜1,000円ほどの小さな出費も、積み重なれば大きな金額になります。

1ヶ月で無駄な費用が2万円前後にまで膨らみます。

 

この2万円というお金を使って何か喜びがあるわけでもなく、特別美味しい物を食べているわけでもないため、とても虚しいです。

ストレス解消の飲み会なんてダメ!絶対!

また、ストレス解消のために飲み会なんてしていたら出費は増えるばかりです。

1回4.000円の飲み会を毎週2回も行っていたら、月に32.000円もお金がかかります!

こんなことでは

  • お金がないから、
  • お金を稼いで、
  • ストレスが貯まり、
  • 飲み会などお金を使ってストレスを解消し、
  • お金がないから働く

という無限ループに入っていしまいます。

 

幸い僕の場合はストレスでジュースを買いまくるくらいで、ストレス解消飲み会は行っていなかったため最小限の無駄遣いで済みました。

まあその結果、体重は20kgも増えてしまいましたが(笑)

 

会社を辞めることが確定してからは、ストレスを感じることは非常に少なくなりました。

コンビニや自動販売機でジュースを買うことはなくなり、無駄遣いは大幅に減少。

しかし、多くの人はストレス解消のために無駄遣いや、飲み会で発散しているので、お金が手元に残らなくなってしまいますよね。

 

ポジティブな飲み会は行きたいときもありますが、基本的にただの飲み会は飽きました。BBQなどの「飲み会+α」なら喜んで行きます。

愚痴やストレス発散の飲み会はダメ!絶対!です。

経済的にも精神的にもストレスフリーな人生を目指す

経済的にも精神的にもストレスフリーな人生を目指す

今後は、会社で働くにしても、完全に個人で働くにしても、ストレスフリーな人生を目指します。

会社で働く場合でも、WEBマーケティングやWEBライター、アフィリエイトなどの個人で働ける内容を会社に就職して行う様にします。

そうすることで、会社の業務と個人で稼ぐ内容が同じなので相乗効果が期待できますし、収入源が複数あることでいつでも辞めることが可能になります。

 

仮に就職した後に会社を辞めたら、会社の勤務時間を個人事業の方に振り分ければ良いだけなので、辞めることによるデメリットは減ります。

  • 自分の生活に必要な最低限のお金を把握し
  • 個人でも稼ぐ手段を持ち
  • 会社で働く場合は個人事業と関連のある仕事をし
  • 余剰資金を自己投資や貯金、資産運用に回す

そうすることで自分の人生を自分でコントロールできる人生になると信じています。

 

会社で働く場合でも

  • 資格ありきの仕事に就く
  • 派遣社員などのどこでも働くことが可能の流動性のある雇用形態にする
  • 個人で稼ぐ内容と関連付ける

ことが大事です。

そうすることで「辞めるか続けるか」「働く土地はどうするか」の選択の自由が生まれます。

 

会社を辞めたいのにお金がないことが原因で辞めることができない。

親の介護をするために会社を辞めるしかないけど収入はどうしよう。

住宅ローンがあるから会社を辞めることが許されない。

国内、国外で自分が住みたい場所が見つかったけれど、会社に出勤しなくてはいけないから東京に住み続けなくてはならない。

などなど、「自分が〜したいけれど、〜がないためにすることができない」ということは多々あります。

 

しかし

仕事とお金さえなんとかなれば、これらの問題はほぼ全て解決できます。

人生において本当はそんなに多くのお金や仕事が必要ではありません。

個人で「ストレスなく」20万円も稼ぐことができたら、家族がいても「最低限」生きていけます。(家族がバイトするなどは必要かもしれませんが)

 

経済的にも精神的にもストレスフリーな人生を送るためには、事前準備が必要です。

今は会社を辞める気がなくても、今のうちから収入源を複数持つことが大事です。

そして専門職や派遣社員など、どこの会社でも働くことができる状態にすることが大切です。

 

そうすることで実際に会社を辞めたい時、辞めるしかない時が来た時に「辞めるか続けるか」を選択することができます。

収入源が一つしかなく、個人で稼ぐスキルもなく、他の会社でも働くことができない場合は、辞めるか残るかを決める「選択肢が無い」です。

お金もなくて、仕事もない場合は、現状を続けるしかありません。

だからこそ、選択肢を持つために、今から準備をすることが大事です。

自分の生活に必要な最低限のお金を把握すること。

節約をして低収入でも生きていける状態にすること。

車や保険、家賃などの固定費の見直しを行うこと。

個人で稼ぐのは多少大変なので、まずは自分が毎月いくらのお金があれば生活することができるのかを把握することから始めましょう。

 

会社の給料が高くても、ストレスが多いなら意味がありません。

早く辞めて別の会社に行ったり、個人で稼ぐことを考えた方が良いです。

ストレスがあるとストレス解消のために無駄遣いをどうしてもしてしまいますし、長期的に見た時に病気や鬱病のリスクもあります。

自分がなんのために稼いでいるのか、その会社以外の選択肢はないのかを一度考えてみるといいと思います。

 

それではまた明日

【退職日記】会社を辞めると上司に言いにくい。しかし、あなたには会社を辞める権利がある(退職まで残り15日)
【退職日記】会社を辞めると上司に言いにくい。しかし、あなたには会社を辞める権利がある(退職まで残り15日)退職日記:第1回目の記事はこちら https://rekaikai.com/leave-blog1/ 前回の記事はこちら ...

次の記事は↑こちら

関連記事はこちら