僕の退職日記

【退職日記】現代の最強の働き方は社内ニート!?羨ましいけれど羨ましくない。(退職まで残り24日)

【退職日記】現代の最強の働き方は社内ニート!?羨ましいけれど羨ましくない。(退職まで残り24日)

 

退職日記:第1回目の記事はこちら

【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)
【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)【退職日記】大企業を退職することを決意した僕が、退職当日までの気持ちや考えを備忘録として残していこうと思います。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。退職日記は退職当日まで毎日更新していきます。...

前回の記事はこちら

【退職日記】会社は村社会だから気を付けろ!うわさ話や悪口が蔓延している(退職まで残り25日)
【退職日記】会社は村社会だから気を付けろ!うわさ話や悪口が蔓延している(退職まで残り25日)【退職日記】会社は学校以上の村社会だから気を付けましょう。人のうわさ話や悪口が蔓延しています。あなたは他人のことを気になりますか?誰々さんが結婚した。仕事で大きな失敗をした。昇進した…。そんなこと自分にはどうでも良いはずです。...

 

こんにちは、ヒロキー(@rehiroky)です。

本日は2019年12月8日。

僕は2019年12月31日で会社を退職します。

 

退職後は

などを駆使して、個人事業主として働いていきます。

個人事業主にプラスして、再度会社に入ることで、会社で最低限の生活費を稼ぎつつ、社会保険料の負担を会社にさせようとも考えています。

残業や休日出勤のない会社に入り、働き方を選ぶことで、余剰時間を使って個人でも稼ぐことができますしね!

 

そんな僕が退職当日を迎えるまでの気持ちや考えを備忘録としてブログに残していこうと思い、退職日記をスタートさせました。

  • 僕と同じようにもう退職することが決まっている人
  • これから退職を考えている人
  • 仕事に悩んでいる人

に対して、等身大のメッセージを伝えられたらいいなと思っています。

社内ニート・窓際族とは

窓際族、社内ニートとは

社内ニート・窓際族とは

社内ニート、窓際族とは、労働者であるためニートではないが、仕事がないため社内でほとんど働いていない労働者のことである。

就学も労働も職業訓練もしない(できない)非労働者をニートと呼ぶが、これに対し、社内ニートとは従業員としてその企業に在籍しながら、十分な仕事も与えられず、机に座って終日暇をつぶしているものをいう。

一見気楽に見えるが、将来の仕事につながる人脈やスキルを構築する機会も与えられないなど、モチベーションが高い労働者にとっては大変苦痛を伴う立場である。

なぜそのような存在が許されているのか不思議に思われるが、日本の労働慣行では従業員一度正規雇用として雇うと簡単に解雇できないからである。

Wikipediaより抜粋

 

…要するに、会社員であるため会社員の給料や社会保障も手厚い状態でありながら、社内では仕事が無いため、ほとんど何もしない人のことです。

 

これは、ぱっと見たら最高ですよね。

そんな社内ニートのメリットを箇条書きにすると以下の通りです。

  1. 会社員であるため、給料は毎月必ず入ってくる
  2. 仕事をしなくても給料が入ってくる
  3. 解雇されない
  4. 社会保障も手厚い
  5. 仕事がないため、定時に帰ることができる
  6. 仕事がないため、有給休暇も全て取得できる

 

そして会社員のメリット上記6つの内、①~④のこと。

 

そして会社員のデメリットは、以下の3点です。

  • 仕事内容がきつい
  • 残業地獄で定時に帰ることができない
  • 有給休暇を取得しにくい

 

…つまり社内ニートなら、会社員ならではのデメリットが完全に無くて、会社員のメリットのみを享受できるじゃん!

良いところ取りですごいー!

 

という感じですよね。

社内ニートも辛い。らしい

そんなこの世の楽園のような社内ニートですが、実際に社内ニートになった当事者からしたら、辛い人もいるようです。

2ちゃんねるで「ワイ、ガチの社内ニート 今日もYouTube見て1日が終わりそう」という掲示板を発見しました。

 

この掲示板主の状況としては

  • 中小企業のシステムエンジニア
  • 給料は手取り25万円
  • 今日の仕事は電話一本取っただけ
  • 社内に掲示板主しかいない社内システム担当であるが、ほとんど不具合が発生しない

とのことです。

 

この掲示板主はシステムエンジニアであり、社内でシステムの不具合が発生しないことによって社内ニート化したようです。

 

エンジニアであり実務もできるので、本来は優秀な人のようです。

 

しかし、この掲示板主のように、社内ニートは時間はあり、給料も補償されるが暇すぎて辛いという話は他の掲示板でも目にします。

 

  • 暇すぎて辛い。
  • 贅沢な悩みとは思いつつも、暇すぎて辛い。
  • 転職して忙しすぎるのは嫌だから転職できない

この様に悩んでいる人は、社内ニートで多いようです。

社内ニートが辛いのはやることが無いから。なら勤務時間中に仕事以外のやりたいことをやってしまえば解決

社内ニートが辛いのは、やることが無いから

 

社内ニートが辛いのは、総じて「暇すぎる」からということです。

であれば、解決策はとても簡単。

 

会社の勤務時間中に、会社以外のやりたいことをしていれば良いのです。

今はブログやYouTube、せどりなど、インターネットで副業もできます。

その副業を会社の勤務時間中に行えばよいのです。

 

実際の作業は自宅で行うにしても、事前の調査や、構想などを考えることは可能です。

 

例えばブログであれば、ブログの文章を会社のメールに書き、帰宅時に自宅PCに送信すれば、帰宅し次第ワードプレスでコピペして1記事完成です。

 

YouTubeも同様に、撮影は勤務時間中はできませんが、構成や企画を会社にいる時間で考えることは可能です。

 

つまり、社内ニートが辛いのは暇すぎるからなので、自ら主体的に動くことができる「何か」を見つければ良いのです。

そうすることで会社の勤務時間中に自分のしたいことができる上に、会社からは給料が貰えるので、こんなに良いことはありません。

 

勤務時間中に、会社以外の自分のしたいことをしていれば時間もあっという間に過ぎますし、副業を育てることも可能です。

 

大事なことは、自分で主体的にしたいことをすることなので、それが会社の勤務時間中にできるのであれば、最高です。

会社から給料を貰えつつ、勤務時間中に会社以外の自分のしたいことができるのですから。

現代で最強の働き方は社内ニート?

現代で最強の働き方は社内ニート?

 

これらを加味すると、現代最強の働き方は社内ニートや窓際族だと思いませんか。

暇すぎて辛い社内ニートですが、勤務時間中に自発的に会社以外のやりたいことをやっていたら、社内ニート最高ではないでしょうか。

 

給料や雇用が保証されつつ、自分の好きなことを勤務時間中にできるのは最強の働き方と言っても過言ではありません。

 

「普通」の会社員の多くは、仕事の業務が大変であったり、残業の多さ、休日出勤などに悩んでいます。

社内ニートはこれらが無いので、充分恵まれていると言えます。

 

暇すぎて辛いというのも分かりますが、贅沢な悩み。笑

嫌な仕事で忙しすぎるよりは、窓際族や社内ニートの方がはるかにマシです。

 

副業や趣味などの会社以外のことを勤務中に行えば、社内ニートの暇すぎて辛い点が解決ですね。

とはいえ仕事は人生の中で多くの時間を占めるから、楽しく、納得した内容で働きたい

仕事は人生の中で多くの時間を占めるから、楽しく、納得した内容で働きたい

 

社内ニートと言えどもフルタイムで働くわけです。

やはり1日8時間、週5日出勤するので、人生の多くの割合を仕事が占めます。

その仕事が退屈過ぎて辛いというのは厳しいです。

 

仕事は人生の中で多くの時間を占めるから、楽さよりも、納得した仕事をした方が良い。僕はそう考えます。

 

確かに勤務時間中に、副業や趣味など会社以外のことをしていれば時間は無駄になりませんし、暇すぎて辛いなんていうことも無いです。

しかし、人は簡単に気持ちを割り切れるものでもありません。

 

やはり、

  • 自分は会社に来ていったい何をしているのだろうか
  • 仕事も無いのに会社に来て何の意味があるのか
  • 自分に価値は無い気がする

などなど、多くのことを考えてしまいます。

 

仕事は人生の多くを占めるもの。

納得した仕事内容、働き方をしたいものですし、いくつになっても模索し続ける必要があると思います。

 

…まあ、嫌な仕事で忙しすぎて倒れそうな状況よりは、暇すぎる方が良いと思いますが(笑)

 

それではまた明日。

【退職日記】退職にあたって送別会を開いてもらった話。正直プレゼントはいりません。(退職まで残り23日)
【退職日記】退職にあたって送別会を開いてもらった話。正直プレゼントはいりません。(退職まで残り23日)【退職日記】所属している部署以外で送別会を開いてもらいました。非常にありがたく、嬉しかったです。しかし送られる側の立場としては正直、送別会にあたってプレゼントはいらない。気を使わせてしまうし、そもそも気に入るものでは無かったら困るからです。...

次の記事は↑こちら。

関連記事はこちら