僕の退職日記

【退職日記】仕事で土日出勤や休日出勤が当たり前の状況は嫌だという話。(退職まで残り60日)

【退職日記】仕事で土日出勤や休日出勤が当たり前の状況は嫌だという話。(退職まで残り60日)

退職日記:第1回目の記事はこちら

【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)
【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)【退職日記】大企業を退職することを決意した僕が、退職当日までの気持ちや考えを備忘録として残していこうと思います。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。退職日記は退職当日まで毎日更新していきます。...

前回の記事はこちら

【退職日記】仕事のストレスで体重が60kg→78kgに激太りした話(退職まで残り61日)
【退職日記】仕事のストレスで体重が60kg→78kgに激太りした話(退職まで残り61日)【退職日記】仕事のストレスで体重が増えるって話はよく聞きますよね。僕は入社時60kgだったのが2年弱で78kgに激太りしました。仕事に疑問を持っている人や退職、転職を考えている人に是非読んでほしいです。...

 

こんにちは、ヒロキー(@rehiroky)です。

本日は2019年11月2日。

僕は2019年12月31日で現在の会社を退職します。

 

退職後は

などを駆使して、個人事業主として働いていきます。

個人事業主にプラスして、再度会社に入ることで、会社で最低限の生活費を稼ぎつつ、社会保険料の負担を会社にさせようとも考えています。

残業や休日出勤のない会社に入り、働き方を選ぶことで、余剰時間を使って個人でも稼ぐことができますしね!

 

そんな僕が退職当日を迎えるまでの気持ちや考えを備忘録としてブログに残していこうと思い、退職日記をスタートさせました。

  • 僕と同じようにもう退職することが決まっている人
  • これから退職を考えている人
  • 仕事に悩んでいる人

に対して、等身大のメッセージを伝えられたらいいなと思っています。

 

退職まで後、2か月です。

いよいよカウントダウンの音が聞こえてきましたね!

土日出勤や休日出勤が当たり前の状況は嫌だ

あなたの仕事や職場で土日出勤や休日出勤が当たり前の人はいますか?

僕の職場は土日出勤や休日出勤が日常的にあります。

嫌ですよね。

ちなみに、本日の土曜も明日の日曜も仕事です。笑

振替休日は取ることができますが、先輩方は振替休日を取ると仕事が回らなくなり、闇出勤(サービス残業の出勤版)をしている人もいました。

なんだかんだ責任感のある人が多く、仕事が回らなそうとなると闇出勤をすることで、仕事を完了させている人も珍しくありませんでした。

土日出勤や休日出勤が日常的にあるのも嫌なのに、振替休日も取れないのはもっと嫌ですよね。

この状況が嫌なら、会社をやめるしかない。

だから僕は会社を辞めることに決めました。

文句があるなら去るしかない。

文句を言いつつ、何も行動しないのは都合の良い考えすぎます。

より険しい道になるかもしれませんが、自分で決めて、自分で動いていける方に僕は行くことにしました。

…数年後後悔しているかもしれませんが、それはまたその時考えればよいことです。

良い意味で楽観的にいることは、とても大事なことだと思っています。

また楽観的にいられるためにも、固定費を下げて生きていくことは大事です。

実家は最強の資産!首都圏に実家がある人は無理に一人暮らししなくて良い
実家は最強の資産!首都圏に実家がある人は無理に一人暮らししなくて良い 僕は現在、20代でフルタイムの正社員として働いていますが、実家で暮らしています。 皆さんは現在一人暮らしでしょうか...

土日に休むべき3つの理由

土日に休むことで友人や家族、恋人と予定が立てやすい

働いている人の多くは、土日休みの人です。

そのため自分の休日が不定期であったり、平日が休日だと必然的に周りと予定が合わなくなっていきます。

周りと予定が合わないと、何のために仕事をしているのかわからなくなってきます。

仕事行く

ご飯食べる

寝る

仕事行く

この無限ループでは何が楽しくて生活しているのか分かりません。

基本となる生活があって、そのサブとして仕事があるはずなのに、それが逆転してしまっては意味がありません。

家族、友人、恋人、子供などと楽しく過ごしてこその生活です。

自分の大事な人と楽しく過ごすためにも仕事は土日に休むことができる職場に転職するか、個人で稼いでいく方に動くことが大事です。

連休で休むことで心身ともにリフレッシュできる

僕の会社は振替休日こそ基本的には取れますが、それが連休とは限りません。

土日のどっちも出勤した場合の振替休日は

月曜1日休む

火曜水曜の2日出勤して

木曜1日休む

というような休みになることも多いです。

日数としては休めていても、やはり連休でないと体の疲れは取れないですし、遊ぶ気力も湧いてきません。

ある意味、不動産仲介などは土日が完全に出勤の代わりに、休みも火水(または水木)で固定されているので良いかもしれませんね。

僕の現職(マンション設備関連の管理&営業)は休みが完全不定期なので、2連休にならないことも多く、心身ともにリフレッシュできないことが多いです。

フリーランスにならないにしても、可能な限り連休を取れる職場、部署に行けるようにしましょう。

定期的な休みのサイクルは良いルーティンを作る

人間はある程度のルーティンがある方が生活しやすいです。

例えば海上自衛隊は毎週金曜に必ずカレーを食べることを習慣にしています。

それは海の上にいる海上自衛隊が曜日感覚を忘れないために、ルーティンとして、金曜にカレーを食べているからです。

休みも同様に定期的な休みであることで、体にサイクルが染み込み適応しやすくなります。

起きる時間や、働く時間、遊ぶ時間をある程度固定化することで、良い意味で頭に負荷をかけることなく過ごすことができるようになります。

 

もしあなたが休日に関することで迷っているなら、土日休みの会社に転職するか全てを自分で決めることのできる個人事業主になるのが良いと思います。

 

それでは、また明日。

【退職日記】会社のお世話になった先輩も会社を辞めようとしていた話。若手社員が辞めていく(退職まで残り59日)
【退職日記】会社のお世話になった先輩も会社を辞めようとしていた話。若手社員が辞めていく(退職まで残り59日)【退職日記】僕が会社を辞める話をしていたら、お世話になった先輩も会社を辞めようとしていました。気が付くと若手がどんどん辞めているという状況です。この記事は仕事に疑問を持っている人や退職、転職を考えている人に是非読んでほしいです。...

次の記事は↑こちら

関連記事はこちら