僕の退職日記

【退職日記】感謝。お前のおかげで辞めると決断できた。仕事の良さは人間関係よりも仕事内容で決まる(退職まで残り62日)

【退職日記】給料が年功序列の会社は良い会社か。僕は嫌です。(退職まで残り63日)

 

退職日記:第1回目の記事はこちら

【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)
【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)【退職日記】大企業を退職することを決意した僕が、退職当日までの気持ちや考えを備忘録として残していこうと思います。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。退職日記は退職当日まで毎日更新していきます。...

前回の記事はこちら

【退職日記】給料が年功序列の会社は良い会社か。僕は嫌です。(退職まで残り63日)
【退職日記】給料が年功序列の会社は良い会社か。僕は嫌です。(退職まで残り63日)【退職日記】給料が年功序列の会社は良い会社か悪い会社でしょうか。大企業を退職することを決意した僕が年功序列会社の是非についてお話しています。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。...

 

こんにちは、ヒロキー(@rehiroky)です。

本日は2019年10月31日。

僕は2019年12月31日で現在の会社を退職します。

 

退職後は

などを駆使して、個人事業主として働いていきます。

個人事業主にプラスして、再度会社に入ることで、会社で最低限の生活費を稼ぎつつ、社会保険料の負担を会社にさせようとも考えています。

残業や休日出勤のない会社に入り、働き方を選ぶことで、余剰時間を使って個人でも稼ぐことができますしね!

 

そんな僕が退職当日を迎えるまでの気持ちや考えを備忘録としてブログに残していこうと思い、退職日記をスタートさせました。

  • 僕と同じようにもう退職することが決まっている人
  • これから退職を考えている人
  • 仕事に悩んでいる人

に対して、等身大のメッセージを伝えられたらいいなと思っています。

会社の実態は入社して配属されるまでわからないガチャ

会社の実態は、実際に採用されて内部に入るまでわかりません。

しかも一つの部署は最高の環境だったとして、他の部署も同じ環境とは限りません。

結局は運です。

僕のいた部署、支店は「入社当初」人間関係は良かったと思います。

しかし、業務内容、社内体制(営業に負担が多いなど)への不満は入社してすぐに思っていました。

  • 先輩は休日出勤する人も珍しくない
  • 1年目から23時ごろまで残業することもあった
  • 入社説明会で聞いていた2倍は土日出勤があった
  • けれど事務職などのバックオフィスは常に定時退社

正直、「聞いていた話と違うわー!」と思っていました。

しかし、バックオフィスや本社配属の同期は、すぐに帰れていたし、何より楽そうでしたね(笑)

こいつらいいなー!と配属されてすぐに思っていましたよ。

それでも社内の人が良い人たちだったので、その時点では退職に関して考えていませんでした。

しかし途中で、あるお局が人事異動によって突如襲来してきたのです。

支店に襲来してきたお局について

人事異動によって突如襲来した同じ課のお局(独身)になぜかわかりませんが、嫌われていたんですよね(笑)

お局!ありがとう!

お前のおかげで辞めると決断できた!

最初にお話ししておくと僕はメンタルはそこそこ強いです(笑)

目の前で嫌味も言われてましたが、全く気にしません。

さすがに書類を隠されたりしたら業務に支障が出るので困りますが、それ以外なら特定の人から何を言われても、どう思われてもどうでも良いのです。

しかし、そのお局からとても大切なことを学びました。

それは、「仕事内容は嫌だけれど社内の人がいい人だから頑張ろう。」

なんていうのは、まったく仕事を決めたり、続けるか否かの基準にしてはいけないと学びました。

人の良さ、良い環境なんていうのは、たった一人の人事異動によって変わります。変わってしまいます。

だからこそ仕事は人で選ぶのではなく、「仕事内容自体」で選ぶようにしましょう。

 

例えばタクシー運転手なら、社内の人がどんなに嫌な奴でも関係ないですよね。

なぜならタクシー運転手は個人で動く仕事だからです。

リモートワークのエンジニアや、Webライター、個人事業主も、同様に嫌な人とは付き合わなくていいので穏やかに働けますよね。

まあ、嫌な人ってのはそんなに存在するものではありませんが、人事異動によって突如天災のように襲来してきます。

お局から学んだことから、僕は2年弱で退職を決めることができました。

 

正直、このお局がいなかったら、もうしばらくは会社を辞めることなく、続けていたと思います。

けれど結局数年後には辞めていたと思います。

なぜなら、そもそも業務内容や社内体制に納得していなく、意欲も正直低下していたので。

だらだらと続けるのではなく、会社を辞め、「自分の力で新しい道を切り開く!」と決断できたのは、まぎれもなくこのお局のおかげです。

お局よ、ありがとう。

襲来してきたお局のやばい特徴

  • 色々な支店を2~3年ごとに異動する問題児
  • 異動してきてすぐに課長や、他の課、本社と喧嘩が始まる
  • けれど50歳くらいということもあり仕事はできる
  • 人事異動が発表され、実際に来る前から支店中が警戒態勢に入る
  • わざとやってるのかアニメ声のやばい奴
  • 急に「私これから鬱病になるわー」と支店中に聞こえるように騒ぎ出す。何度も。

…結構やばくないですか?笑

書いていて改めて思ったけど、これはやばいよ…。

まだまだありますが、書ききれません(笑)

異動の度に災害をもたらすって、古龍じゃないんですから勘弁してくれ。

けれど、このお局には感謝してます。

ありがとう。

仕事(職場)の良さは人間関係よりも仕事内容で決まる

繰り返しになりますが、仕事、職場の良さは人間関係よりも仕事内容で決まると学びました。

良い人、良い環境であってもその状況はたった一人の人事異動で変わってしまうからです。

これらの経験から仕事は

  • 仕事内容自体に納得して取り組めること
  • 仕事を楽しめること
  • 個人で働くことが可能であること
  • 資格や需要が多い仕事で転職が容易であること

などを基準にして選んでいったほうが良いと思いました。

だからこそ、僕もブログやWebライターを今後は頑張ってみようと決めた次第です。

実績なしで個人事業主になるのは少し怖くもありますが、それ以上にワクワクしています。

今後、僕はどのようになるのか。

それはブログやツイッターで報告していきますので、乞うご期待ということで。

 

それでは、また明日。

【退職日記】仕事のストレスで体重が60kg→78kgに激太りした話(退職まで残り61日)
【退職日記】仕事のストレスで体重が60kg→78kgに激太りした話(退職まで残り61日)【退職日記】仕事のストレスで体重が増えるって話はよく聞きますよね。僕は入社時60kgだったのが2年弱で78kgに激太りしました。仕事に疑問を持っている人や退職、転職を考えている人に是非読んでほしいです。...

次の記事は↑こちら

関連記事はこちら