僕の退職日記

【退職日記】仕事が終わなくて帰れないのは会社のせい。あなたは悪くありません。(退職まで残り55日)

【退職日記】仕事が終わなくて帰れないのは会社のせい。あなたは悪くありません。(退職まで残り55日)

 

退職日記:第1回目の記事はこちら

【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)
【退職日記スタート】新卒でも年収420万円!けれど辞める!退職する理由や、気持ち、考えを備忘録に(退職まで残り65日)【退職日記】大企業を退職することを決意した僕が、退職当日までの気持ちや考えを備忘録として残していこうと思います。今の仕事に疑問を持っている人や、退職を検討している人に是非読んでほしいです。退職日記は退職当日まで毎日更新していきます。...

前回の記事はこちら

【退職日記】サラリーマンのスーツ出勤が嫌な話。地獄の満員電車。(退職まで残り56日)
【退職日記】サラリーマンのスーツ出勤が嫌な話。地獄の満員電車。(退職まで残り56日)【退職日記:10日目】あなたはサラリーマンのスーツ出勤についてどう思っていますか。僕はもうスーツを着たくないと思っています。夏は暑くて冬は寒いので嫌。この記事は転職やフリーランスになろうと考えているあなたに読んでほしい記事です。...

 

こんにちは、ヒロキー(@rehiroky)です。

本日は2019年11月7日。

僕は2019年12月31日で現在の会社を退職します。

 

退職後は

などを駆使して、個人事業主として働いていきます。

個人事業主にプラスして、再度会社に入ることで、会社で最低限の生活費を稼ぎつつ、社会保険料の負担を会社にさせようとも考えています。

残業や休日出勤のない会社に入り、働き方を選ぶことで、余剰時間を使って個人でも稼ぐことができますしね!

 

そんな僕が退職当日を迎えるまでの気持ちや考えを備忘録としてブログに残していこうと思い、退職日記をスタートさせました。

  • 僕と同じようにもう退職することが決まっている人
  • これから退職を考えている人
  • 仕事に悩んでいる人

に対して、等身大のメッセージを伝えられたらいいなと思っています。

 

僕はもう退職が決まっているのに、未だに残業していることが多いです。

…偉くないですか!?

もう自分で言っちゃいます!笑

 

今回は仕事量が多く仕事が終わらないのはあなたのせいではなく、会社のせいである!ということについて話していきます。

退職するからもう関係ないやと思ったこともありますが、僕は意外と責任感が強いので投げやりにはなれなく、最後までしっかり仕事をやってしまっていますが。笑

この記事はそもそも会社の仕事量が多いのが不満だなーと思っている人に是非読んでほしいです。

仕事が終わらなくて帰れないのは会社のせい

仕事が終わらなくて帰れないのは会社のせい

 

いきなり他責な奴だなー。と思いましたか。

確かに他責に思えなくもありませんが、僕が言っていることは本来守られるべき最も基本的なことだと思っています。

 

定時とはその名の通り、「定められた時刻」です。

つまり定時に終えことができる仕事量であることが本来は当たり前なのです。

仕事が終わらないのは会社のせいです。あなたのせいではありません。

 

今の日本では少し難しいですが、待遇が下がることを受け入れればいくらでも楽な仕事の選択肢はあります。

それこそ今の会社で総合職から一般職に職種転換しても良いですし、シフト制の警備会社や、ビル管理、企業の事務職などいくらでも楽に働ける選択肢はあります。

そのうえでお金が足りなければ副業をして稼いだり、資産運用によってお金に働いてもらえば良いのです。

もちろん勉強は必要ですが。

 

逆に既に並み以上の業務量を完璧にこなしている、仕事の出来るサラリーマンの人は、転職や副業などしないで、今の会社で頑張ることが合理的でストレスが少ないかもしれませんね。

現時点で通常以上の仕事をこなせているのであれば、あなたはその会社と相性が良いのだと思うので、無理して転職や副業などのリスクをとる必要はないでしょう。

 

あなたは仕事が終わらなくて不満を抱いたことはありませんか?

僕はあります。

定時にはほとんど帰れず、仕事がある日は仕事一色になっていませんか?

僕はそうです。

 

サラリーマンとして生きてくのであれば、仕事はほどほどで、プライベートを充実させた方が良いと僕は考えています。

もっとも、起業した人や、YouTuberのような「仕事と趣味」、「仕事とプライベート」が一体となっている人は除きますが。

 

サラリーマンとして嫌々仕事をしている場合は、仕事はほどほどでプライベートを充実させた方が楽しい人生を送れるのではないかなーと。

 

会社は労働者に、基本は定時で終えられる量の仕事を与えて、そのうえで仕事ができる人には昇給させた上で業務量を増やせば良い。

働く時間や働き方、稼ぐ量は自分で決められる方が良い

働き方や稼ぐ量を自分で決められる方が良い

 

会社にいる以上、与えられる業務量も、働く時間もすべて会社に決定権があります。

現在サラリーマンである僕たちには愚痴は言えても、下された決定を変える力はありません。

 

もし、働く時間や働き方、稼ぐ量を自分で決めたい。

そう思うのならどうすれば良いでしょうか?

それは自分に力をつけることが、一番の近道だと僕は思います。

サラリーマンとして働くにしても、フリーランスとして働くにしても、自分に力を付けなくては、上手に生きていくことは難しいのではないでしょうか。

 

サラリーマンとして働く場合、専門分野や資格が無くてはできない業務やプログラマーなどの実力がもろに出る仕事なら、今の会社が自分に合わなくても他の会社で働くことも可能なわけです。
(例:看護師、宅建士、プログラマーなど)

 

なのでもしサラリーマンとして働く場合は、資格ありきの仕事か、業務内容がそのまま副業に活かせる仕事をすれば良いでしょう。

 

僕は2019年12月31日で現在の会社を退職します。

しかし幸い僕は、まだ20代です。

失敗してもいくらでも再起できると考え、2020年1月1日から個人所業主(フリーランス)として生きていこうと決めました。

実績なしで個人所業主というのは少し無謀かもしれませんが、正しく努力すれば何とかなると信じています。

まとめ:会社に文句があるなら自分に力をつけるしかない

会社に文句があるなら自分に力をつけるしかない

 

仕事が終わなくて帰れないのは会社のせい。あなたは悪くありません。

これは間違いなく会社のせいです。

会社は本来は定時内に終わる業務量を与え、早くこなせる優秀な人には業務量と給料を増やして対応するべきです。

 

だって、業務終了の時間が定時なのだから。

しかし、そう正論や愚痴を言うだけでは現実は何も変わりません。

 

なら自分に力を付けるしかないです。

サラリーマンとしては働くにしても、個人で働くにしても、自分に力を付けていくことで生きやすくなってきます。

 

自分で考え、学ぶことで力を付けていきましょう!

…と弱小ブロガーの僕が申しております。(笑)

 

僕も頑張ります!

 

それでは、また明日。

【退職日記】祝!会社の先輩が結婚した話。結婚式には…行きません。(退職まで残り54日)
【退職日記】祝!会社の先輩が結婚した話。結婚式には…行きません。(退職まで残り54日)【退職日記】会社の先輩が結婚した話。しかし結婚式には行きません…。会社の人間はほとんど呼ばれていないようですが、仮に呼ばれていたとしても「行かない」と断っていたでしょう。断るわけは、友達ではなく「個人的な付き合いがほとんどない」からです。...

次の記事は↑こちら

関連記事はこちら